プレスルーム


2014年


パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ)X4」を発売

2014年6月9日

アビー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:坂口 信貴)は、日本製パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO X4(以下、X4という)」を発売いたします。







*写真はプロトタイプです。実際の製品では、一部仕様が異なる場合があります。
*アクリル セーフティパネルは別売オプションです。

背景と発売経緯

今年は、政府の進める成長戦略の重点施策として、3Dプリンタ関連の施策が具体化されたことにより、多くの ものづくり産業や教育機関に3Dプリンタが導入されました。
また、アメリカ政府が教育改革の目玉として取り組むSTEM教育[Science(サイエンス)、
Technology(テクノロジー)、Engineering(エンジニアリング)、
Mathematics(数学)] が、日本にも浸透しつつあり、科学技術分野に対する子どもたちの興味関心を高め、将来の日本経済を牽引する人材を輩出していこうという動きが始まっています。そして、このSTEM教育の中でも、3Dプリンタを活用したさまざまなプログラムが具体化されています。このように、多くの企業や教育機関で3Dプリンタが活用され始めたことにより、3Dプリンタを自ら体験した個人ユーザーからの購買ニーズが急速に高まっています。
さらには、5月23日の国会にて、インターネットで小口の投資資金を募ることが可能となる「投資型クラウドファンディング」が盛り込まれた改正金融商品取引法が可決され、この法改正により、これまで新規参入が少なかったものづくり産業に、3Dプリンタという次世代ツールとクラウドファンディングという新たな資金調達方法を活用した多くの個人MAKERやベンチャー企業の誕生が期待されています。

当社は、上記のような背景から、ものづくり産業や教育機関はもとより、個人ユーザーやSOHOユーザーからのニーズの高まりを迅速に捉え、さまざまなユーザーの利用環境にフィットした商品ラインナップを提供することにより、3Dプリンタをより多くの方々に活用していただきたいという思いから、新たな機種の開発に努めてきました。

今回発売するX4は、工業用3Dプリンタに迫る高精緻な造形を実現する上位モデルX9が持つ機能を継承しながら、よりホームユースを意識して、本体サイズをコンパクトに設計し、価格を大幅に抑えるなど、様々な改良が加えられています。
X4を一般家庭や学生はもちろん、デザイナーや個人MAKER等さまざまな方々に活用していただけると幸いです。


製品の主な特長

上位モデルに劣らない高精細レイヤー
X4の積層ピッチは、最小で50ミクロン(0.05mm)。上位モデルのX9と同等の精細な積層ピッチを実現したX4の造形性能は、熱溶解積層方式のパーソナル3Dプリンタでは、実質世界最高クラス(*1)と言っても過言ではありません。X4は、パーソナルユースを謳いながらも、ビジネスシーンでも十分に実力を発揮するハイパフォーマンスモデルです。
*1 2014年6月現在

奥行きわずか26.7cm。だから、設置場所を選びません
X4の奥行きは、わずか26.7cm(*1)。上位モデルのX9と比べていただければ、どれほどX4が省スペース設計であるか、すぐにおわかりいただけるはずです。
X4は、ご家庭でのご利用はもとより、デザイナーやエンジニアがひとり1台、オン・ザ・デスクでご使用になられてもストレスを感じさせません(*2)
*1 本体サイズ
*2 ストレスレベルには個人差があります。

ランニングコストが低いから、ためらう必要がありません
X4の純正フィラメントは、高品質でありながら低価格でご提供しています。海外メーカーの3Dプリンタと比べてランニングコストが低いこともX4の特長です。
* X4には、純正フィラメントを必ずお使いください。純正品以外のフィラメントをご使用になられたことによって生じた故障は、無償保証の対象外となります。

小型軽量エクストルーダ
X4のエクストルーダは、本体背面にセットされたフィラメントフィーダと造形エリアを縦横無尽に走るエクストルーダヘッドで構成されています。この分割構造によってもたらされたヘッドの小型軽量化は、反復稼動時に微妙に生じるヘッドのオーバーランを抑制し、高精度なオブジェクトの造形を可能にします。

デュアルファン&ヒートシンク
エクストルーダヘッドのノズルの左右には、冷却性に優れる2つのファンとヒートシンクを装備し、ノズル内部の熱上昇によるフィラメントの詰まりを抑制しています。また、およそ10度の傾斜をつけたファンによって下方に押し出されたエアフローが、オブジェクトを即時冷却し、スピーディな造形をアシストします。

ロック式アジャストスクリュー
細密なセッティングが要求されるベッドとノズルのクリアランス調整は、独自のロックナット付きアジャストスクリューがサポートします。ドライバー等の道具を必要とせず、指先で調整が可能なこの機構が、調整を容易にし、煩わしい再調整の頻度も低減します。

安全、省エネの非加熱式ベッド
X4は安全性に優れる非加熱式ベッドを採用しているため、幅広い年齢層の方に安心してお使いいただけます。また、非加熱式ベッドは低消費電力にも寄与し、省エネの観点でも優れています。

日本の精密部品を集結
X4の本体には、その構成のおよそ9割に日本製の部品を採用しています。いたずらなコストダウンを行わず、高い実績を誇る日本製の部品構成比率を上げることにより、X4は造形精度と信頼性を高めています。

日本語ソフトウェアと日本語マニュアル
英語版ソフトウェアや英語版マニュアルをバンドルする海外製3Dプリンタに対し、X4は日本語のソフトウェア「SCOOVO Studio」と日本語の取扱説明書を付属。はじめて3Dプリンタをお使いになる方にも安心してお使いいただけます。

安心の1年間無償サポート
X4には、日本製ならではの1年間無償保証を付帯。また、無償保証期間終了後も海外メーカー品に比べ、安価で迅速なアフターサポートをご提供します。(海外メーカー品の修理には、高額な国際運賃や長い修理期間を要すことが一般的です。また、保証が付帯しない製品も少なくありません。)

その他の特長・詳細は「X4公式ページ」をご覧ください。


仕様


製品名(シリーズ名) SCOOVO X4
型番(モデル番号) SCV-X4-S SCV-X4-BK
カラー シルバー ブラック
表面処理
アルマイト
サイズ (本体) 386×336×267mm (高さ×幅×奥行き)
重量 (本体) 約 11.2 kg
主素材 エクステリア アルミニウム合金 (2.0mm)
シャシー スチール合金 (1.6mm / 1.2mm / 1.0mm / 0.8mm)
副素材 ステンレス合金等
ヘッド数 1
最小積層ピッチ 0.05mm (50μm)
最大造形サイズ 180×140×100mm (高さ×幅×奥行き)
サポート材除去方式 ブレークアウェイ式
電源 AC100-240V 50/60Hz
ファイルデータ転送方法 USB2.0ケーブル
造形マテリアル PLAフィラメント (Φ1.75mm)
入力形式 (拡張子) .stl
照明 青色LED
サポートOS Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 (32bit / 64bit対応)
JANコード 4562393407607 4562393407614

付属品

(1)3Dプリンタ本体

(2)専用ACアダプタ

(3)ACケーブル

(4)USB2.0ケーブル A-Bタイプ(ファイルデータ転送用)

(5)スプールホルダ

(6)定着用テープ

(7)PLAフィラメント 1kg(1ロール)

(8)SCOOVO Studio(プリント制御ソフト)

(9)テスト用3Dデータ(.stl)

(10)取扱説明書(日本語)

(11)ハードウェア保証書

*上記(8)〜(10)は、オリジナルのUSBメモリによって付属されます。


希望小売価格

SCOOVO X4(本体):¥129,444-(税込 ¥139,800-)

X4セーフティパネル(3点セット):

純正PLAフィラメント(1kg / ロール):

* 上記はすべてアビーストアの予定販売価格です。


発売

発売予定日

:

2014年 6月25日
* 6月9日よりアビーストアにて先行予約開始

予定販売店

:

アビーストア
全国の家電量販店、小売店


公式サイト

SCOOVO X4 公式ページ

SCOOVO X4 購入ページ


お問い合わせ先

アビー株式会社 広報担当
Tel 045-306-6680
E-Mail contact@abee.co.jp


個人のお客様は、下記のフォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ[ お問い合わせ前に必ずこちらをお読みください ]



* 本ページに掲載されている情報は発表時のものです。最新情報は当製品公式ページにてご確認ください。
* 本ページで使われている画像はイメージです。

このページの先頭に戻る