3Dプリンタとは、立体物を表すデータをもとに樹脂などを加工して造形する装置のひとつです。 旧来のプリンタは、デジタルデータに基づいて紙などの平面上にインクを吐出して文字や図形を印刷します。これに対して3Dプリンタは、空間に樹脂などを何層にも積み重ね、デジタルデータを立体造形物として実体化・可視化できるようにするための装置です。また、そのようにして立体物を造形することを3Dプリント、3Dプリンティングなどと言います。








一部または全ての試作工程を自社で行うことにより、設計から評価までのコストや時間を大幅に圧縮することができます。また、節約した経営資源(コストや時間)を使って新たな試みが可能となるため、モノづくりが好循環化します。

嵌合部品の整合チェックや可動ユニットの動作確認などをスピーディに行うことができ、問題箇所の早期発見とその解決に貢献します。


モックアップ(模型)の製作が簡便に行えるため、手で握ったときの質感やサイズ感を事前に確認することができます。






CADデータを立体造形物として実体化・可視化することで、躯体の構造チェックを迅速かつ的確に行うことができます。

完成度の高い建築物見本やジオラマを低予算で製作することができ、クライアントへのプレゼンテーション等に活用できます。






臓器や骨などの医療用モデルを製作し、研修やエデュケーションに活用できます。また、患者様やそのご家族に対する病状の説明に利用できます。

金型生産とは違い1個から製作が可能な3Dプリンタは、義手や人工骨、インプラント等の製作にも適しています。オーダーメイドの補聴器等の作成も可能です。






物体や生体の構造等を解説する際に、印刷物やモニターで行っていた従来の講義を3Dプリンタで造形した立体物に置き換えることにより、生徒の興味や理解度を高めることができます。

デジタルデータを立体造形物として実体化・可視化することで、三次元で物体を捉える能力が養われます。





ペースト状の素材や硬化性のある液体を使って造形物をつくるときの注型の製作が可能です。石膏や粘土、チョコレートなどを流し固めることにより、同じ立体物をたくさん製作することができます。

オリジナルデザインの模型などを製作することができます。また、3Dスキャナ等を併用することにより、ご自身やご家族のフィギュアを製作することも可能です。


ご自身で発案したアイディアをカタチにし、迅速に商品化することが可能なため、モノづくりベンチャー企業を志す方にとっての力強いツールになります。








プラスチック等の固形材料を高温で溶かし、ソフトクリームのようにノズルから材料を出力させながら一層ずつ積み重ねることで立体を造形します。低価格3Dプリンタ、パーソナル3Dプリンタ、または家庭用3Dプリンタと呼ばれている機種のほとんどがこのタイプに当たります。


・主にABS、PLA(ポリ乳酸)など現在主流の樹脂を使用することができるため、市販されている製品に近い特性をもった造形物を製作することができる。
・本体、材料ともに比較的低価格で購入することができる。
・コンパクトに設計されたモデルが多く、狭いスペースでも設置することができる。


ヘッド(ノズル)が積層面をなぞりながら樹脂を押し出していく構造のため、造形物に積層痕が残ることが多く、高額機のような微細な精度は望めない。


C170X9X4X9H




光硬化樹脂と呼ばれる紫外線で硬化する液体樹脂を使用します。槽に満たされた光硬化樹脂に向かってレーザー(紫外線)をひと筆書きのように照射しながら造形していくのが一般的です。一層目の造形が終わるとプラットフォームを一段下げ、同様の作業を繰り返すことによって立体物を形成していきます。


・造形精度が高く、微細な形状、複雑な形状の立体物が製作できる。
・造形物の表面が滑らかに仕上がり、二次加工(表面処理)もしやすい。

・造形に時間がかかるものが多い。
・本体が高額になりやすい。
・維持費(消耗品コスト、保守コスト)が高額になりやすい。



光硬化樹脂と呼ばれる紫外線で硬化する液体樹脂を使用します。小さな槽から造形一層毎の光硬化樹脂をプラットフォームに補充し、一層を一度のフラッシュ(露光)で硬化させる点がレーザー照射方式と大きく異なりますが、その他の造形概念はほとんど変わりません。


・レーザー照射方式に比べ、一層毎の造形スピードが比較的速い。
・造形精度が高く、微細な形状、複雑な形状の立体物が製作できる。
・造形物の表面が滑らかに仕上がり、二次加工(表面処理)もしやすい。


・レーザー照射方式に比べ、最大造形サイズに制限が出やすい。
・本体が高額になりやすい。
・維持費(消耗品コスト、保守コスト)が高額になりやすい。


MA30MA25MA20MA10




光造形型3Dプリンタ同様、光硬化樹脂と呼ばれる紫外線で硬化する液体樹脂を使用します。光硬化樹脂をヘッド(ノズル)から噴射後、即座に紫外線を照射し硬化させながら造形していきます。造形物本体とサポート材*1のマテリアルを使い分けることができ、造形後のサポート除去が容易な点も特長のひとつです。


・造形精度が非常に高く、細かなものを造形できる。
・サポート材*1の除去が容易。

・本体価格が非常に高額。
・維持費(消耗品コスト、保守コスト)が非常に高額。



粉末状の材料に高出力レーザーを照射して焼結させながら造形していきます。ナイロンなどの粉末樹脂をはじめ、銅やニッケル、チタン等の金属粉末など幅広い材料が使えるのが特長のひとつです。造形後に高圧のエアで造形物に付着した粉末を除去する必要があります。


・造形精度が非常に高く、細かなものを造形できる。
・材料のバリエーションが広い。
・サポート材*1が不要。

・粉末焼結の性質上、造形物の表面がザラザラする。
・本体価格、維持費(消耗品コスト、保守コスト)が非常に高額。
・付随設備が必要になりやすい。(粉末除去装置など)


*1 サポート材とは?
3Dプリンタは、目的物の材料であるモデル材と目的物の形状を保持するサポート材によって造形を行います。モデル材とサポート材に同じ材料を用いた機種と異なった材料を用いた機種がありますが、モデル材が重力によって落ちないよう空間部分をサポート材で支えながら目的物を造形し、プリント終了後にサポート材を除去する概念は同様です。サポート材は必ず必要になるものではなく、目的物の形状(上に向かってせり出していくような形状や下層より上層の面積が大きな形状など)によって必要になります。



●本頁の情報は、2014年8月20日現在の情報です。●本頁の情報は、当社調べによる3Dプリンタに関する一般情報として掲載しています。●本頁の情報における正確性、完全性、妥当性及び公正性について、当社が保証するものではありません。