SCOOVO MA25(以下「MA25」といいます)は、一般的なレーザー照射方式の光造形機に比べて、数十分の一の液体樹脂でオブジェクトの製作を可能にします。これまでの光造形機では、構造上、小型の造形物であってもタンクに数十リットルもの液体樹脂を注がなければ造形ができず、入れ換え時等に多量の液体樹脂を損失することが通例でした。MA25は、小さな造形物であれば、わずか300cc程度の液体樹脂を本体のタンクに注ぐだけでオブジェクトの製作をはじめることができます。



1.液体樹脂の損失を劇的に低減します。
2.毎回綺麗な液体樹脂が使用でき、造形が美しく仕上がります。
3.液体樹脂の空気への接触が少ないため、綺麗に硬化します。
4.液体樹脂の温度を一定に保つヒーターが不要なため、省電力です。



造形の途中に液体樹脂が万一不足した場合でも、簡単に補充し、造形を再開することができることもMA25の大きな魅力です。MA25は、マテリアル(材料)の不足による造形の失敗を大幅に抑制し、優れた歩留率を実現します。



オブジェクトの最大造形サイズは、170×140×80mm(高さ×幅×奥行き)。その大きさはMA30との容積比で、およそ2.5倍に相当します。本機は、MAシリーズ最大(*1)のワークエリアを確保することによって、プロダクトデザインはもとより、キャラクターデザイン、建築デザインなど、幅広い分野での活用を可能にしています。

*1 2015年2月現在



一般的なレーザー照射方式の光造形機では、たとえ小さな製作物であっても、一度の造形でひとつのオブジェクトしか製作できないのが基本でした。一方、一括面露光方式を採用するMA25は、同形異形にかかわらず、ワークエリア内に複数のオブジェクトを一度に造形することができますので、とても効率的です。



MA25の積層ピッチは、50ミクロン(0.05mm)。この精緻な積層性能が、モノづくりの現場をはじめ、建築、医療、教育など様々な分野における有効活用を可能にします。シャープな突起形状から滑らかなスロープ形状まで、多種多様なデザインを手軽に、そしてスピーディに具現化します。


MA25は、光源を下から照射し、液体樹脂を硬化させながら造形する吊り下げ方式を採用しています。これにより切削をはじめ、従来の加工技術では難易度の高いアンダーカットや複雑形状のオブジェクトの製作を容易にし、サポートに使用する液体樹脂の消費も大幅に抑制します。



レーザー&LEDのハイブリッドを採用するMA25の光源寿命は約20,000時間。水銀ランプを光源とする光造形機のおよそ10倍に相当し、ランプ交換のタイムロスとコストの削減に寄与します。



MA25には、耐候性の高いアクリル樹脂と弾性、柔軟性に優れるゴムライク樹脂の2つのマテリアルをご用意することにより、様々な分野における3Dプリンタの活用の可能性を広げています。また、この2種類のマテリアルを配合することにより、適度な弾性、柔軟性をもったオブジェクトを製作することも可能です。

MA25で使用する液体硬化樹脂には、必ず純正品をお使いください。純正品以外の液体硬化樹脂をご使用になられたことによって生じた故障等のトラブルは、無償保証の対象外となります。


動画で使用しているオブジェクトは、MA10で造形したものです。


MA25には、バリエーションに富んだ着色料をオプションでご用意。用途やお好みに応じてオブジェクトの色調を自由に変更することができます。(*1)

*1 光造形機の性質上、反射率の高い白系の色調で造形した場合、十分な精度が出せない場合があります。

着色料の詳細はこちら >>



MA25のフレームおよびハウジングには、堅牢性と軽量化の両立のため、硬質アルミニウムを採用しています。また、ハウジングに施した高品位アルマイトは、アルミならではの存在感を演出するとともに耐食性にも優れた効果を発揮します。
なお、MA25にはアルマイトカラーモデルのほか、塗装モデルもご用意しています。

Calibration-free
キャリブレーション不要

MA25は、造形前のキャリブレーション(校正)が不要です。半年から1年に一度程度(*1)の定期的なキャリブレーションで十分な精度が保てるため、タイムロスを大幅に低減することができます。

*1 定期キャリブレーションは使用頻度によって異なります。

Silent Design
場所を選ばない静音設計

オフィス環境での稼動を視野に入れてデザインされたMA25はとても静か。熱溶解積層方式の3Dプリンタのような造形中の騒音や振動音もほとんどありません。

Simple Operation and ToughDesign
シンプル操作と堅牢設計

MA25は、シンプルな操作と壊れにくい構造を礎に設計されています。そのため、機械操作が苦手な方でも安心してお使いいただくことができます。(*2)

*2 導入時には、セットアップ作業と合わせて、基本操作から消耗品の交換方法まで丁寧にご説明いたします。

Made in Japan
安心のメイド・イン・ジャパン

MA25は、安心の日本製。国内の製造工場で日本人の手によって生産されています。ご購入後のお問い合わせに対するご回答やアフターサポートが迅速かつ的確に行なえる理由もここにあります。

One-year Warranty
一年間無償保証

MA25には、1年間の無償保証をお付けしています。また、無償保証の期間終了後も海外メーカーの製品に比べ、安価で迅速なアフターサポートをご提供いたします。

Satisfactory Maintenance Option
充実した保守契約体制

高額なメーカー保守契約が必須の一般的な光造形機と違い、MA25では、お客様に最適なプランをお選びいただけるよう、ご予算に応じた複数のプランをご用意しております。(*3)

*3 保守契約はお客様の任意でご加入いただくものであり、必須ではありません。

保守契約の詳細はこちら >>



光造形機をはじめとする比較的大型の3Dプリンタの導入を検討される際、導入コストが解かりづらいと感じたことはありませんか? また、本体価格以外の多額な導入コストに頭を悩ませた経験はありませんか?
MAシリーズは、すべてのモデルにおいて、本体の小売価格をウェブサイトに明示しています。また、通常導入の際にかかる費用は、本体価格とスタータキット(任意)に限られ、運搬、セッティング、操作説明等の費用は一切いただいておりませんので(*1)、合理的なコストで初期導入が可能となります。

*1 一部の地域を除く

MAシリーズのラインナップはこちら >>

* 本ページに使われている画像、映像、イラストはイメージです。
* 本ページに記載されている製品名、社名、規格名、ロゴマーク等は、各社、各団体等の商標または登録商標です。
* 製品の仕様は将来改良のため予告なく変更する場合があります。