光造形型3Dプリンタ(MAシリーズ)の仕様比較表はこちら


低価格でありながら、プロユースに耐えうる充実のスペックを実現。積層ピッチ0.05mm(固定)のエントリーモデル。
発売:2014年9月


上位モデルに迫る精細な造形を実現するMAシリーズのスタンダードモデル。最小積層ピッチ0.025mm、XY解像度0.1mm。
発売:2015年2月


MAシリーズ最大のワークエリアを確保した大型造形モデル。最大造形サイズは、170×140×80mm(高さ×幅×奥行き)。
発売:2015年2月


毎時約20mmの高速積層を可能にしたMAシリーズの最上位モデル。最小積層ピッチ0.025mm、XY解像度0.05mmの高精緻造形を実現。
発売:2014年9月




熱溶解積層型3Dプリンタの仕様比較表はこちら


高さ340mmまでの大型造形を可能にしたX9の上位モデル。フロントパネルには、液晶モニタとSDカードスロットを装備。
発売:2014年9月


奥行きわずか26.7cmの小型ボディがオン・ザ・デスクでの使用を可能に。コンパクトと高性能を両立したPLA専用モデル。
発売:2014年6月


構成部品のおよそ9割に日本製の部品を採用。工業用3Dプリンタに迫るクォリティを実現したプロフェッショナルエディション。
発売:2014年3月


非加熱式ベッドの採用により低消費電力を実現。安全性と省エネを両立した日本製3DプリンタSCOOVOのファーストモデル。
発売:2013年7月

アビーでは、 お買い上げいただいた製品をより便利にご活用いただくため、すべてのお客様にユーザー登録をご案内しています。 この機会にぜひご登録ください。
お客様登録フォームへ